ターゲット
利用形態
ポイント付与
アプリ
取扱品目

酵素はなぜ体にいいの?

酵素はなぜ体にいいの?

世間では酵素が体に良いとされており、多くの方が酵素を含む食品や健康サプリなどを好んで飲んでいますね。酵素とは食べ物に含まれているイメージがありますが、実は体の中でも酵素が作られています。体の中で作られる酵素には「消化酵素」と「代謝酵素」がり、この酵素達の主な仕事は体に溜まった老廃物を処理したりする働きを持っています。

ただ歳を重ねるにつれて体内で作られる酵素達は減少していってしまいます。酵素が少ないと体の中には消化しきれなかった老廃物が溜まってしまい、体に悪影響を与えてしまうようです。よく体の中に老廃物が溜まっていると「老化」の原因や「肥満」の原因になるとされており、体内の酵素を活性化させれば若返りやダイエットにも結びつくと言われています。

最近では酵素ドリンクや酵素サプリメントを摂取する事がブームになっていますが、食べ物から摂取出来る酵素は「食物酵素」と呼ばれており、体内で作られる消化酵素の働きを助けてくれる働きがあります。消化酵素がきちんと働けば美容効果や痩せやすい体質に出来るので、なるべく体に老廃物を溜めない様にしましょう。

酵素ってそもそもどういった成分のこと?

酵素といっても種類は色々あります。生物の体内には3000種類以上の酵素があるとされており、酵素によってその働きも様々です。酵素の主な成分は体内で養分を消化や排泄、吸収や代謝などの働きがあり、体内の酵素が不足する事でこれらの働きが鈍くなってしまいます。

若い内には体内で酵素を作成する事が出来るのですが、歳を取ると酵素の作成が難しくなってしまい、体内での酵素の働きが悪くなってしまいます。酵素の働きが悪くなると、老化や免疫力の低下、肥満や疲れやすいといった症状が出てくるので、そういった症状を実感している方は酵素を摂取してみると良いでしょう。

厚生労働省の発表では1日の目標摂取量として野菜を350gと果物を200g食べれば体内に必要な量の酵素を補えると言われているので、酵素不足な方は野菜や果物などを気にして食べると良いでしょう。

どういった人に酵素摂取は向いているの?

酵素摂取には向いていない人はいません。酵素を摂り過ぎた事によって体調を壊す方はあまりないので、毎日定期的に摂取すると良いでしょう。体内の酵素が不足する事で「風邪を引きやすい」「疲れやすい」「生理痛」「肩こりがひどい」といった症状が出る方がいます。これらの症状に悩まされている方は体内の酵素不足が原因かもしれないので、食生活の見直しや酵素サプリメントを服用すると良いでしょう。

また酵素には若返りやダイエット効果も期待されています。私も酵素サプリメントを服用していた時期にはダイエット効果もあったので、少しでも痩せたい方にもおすすめです。

酵素摂取時の注意点は?

酵素は不規則な生活をしていると体内の酵素は減少してしまいます。せっかく酵素を摂取していても生活態度が乱れていると効果が無いので注意が必要です。具体的には「暴飲暴食」「遅くまで起きている「体を冷やしている」といった行動をとっていると体内の酵素が不足しがちになります。

特に消化が悪いものを食べていると体内に負担がかかるのでジャンクフードなどはなるべく食べるのは辞めておいたほうが良いでしょう。反対に消化のしやすい物やフルーツや野菜などは酵素の働きを助けてくれるので率先して食べましょう。食べ物から酵素を摂取する事が出来ますが、ある程度の量を食べなくてはいけないので、会社に行っている人や忙しい方は食べ物からではなくサプリメントから摂取する方が手軽でおすすめです。